WordPressには向き不向きがあって、誰でもWordPressに移行するのが最善というなわけではない。だってWordPressの自由さは自己責任との引き換えだから。

WordPress/ワードプレス

ボクはWordPress全般の専門家ではなく、普通の人がWordPressを導入することをサポートする専門家

wordpress01
最近、WordPressワードプレスづいているボクですが、別WordPressについて何でもかんでも詳しい専門家というわけではないんです。
このブログでWordPressに関する記事をたびたび書いてるのは事実ではありますが。
クライアントさんからのご依頼で会社やお店のホームページを作るにあたって、クライアントさんがご自分で記事を更新するシステムのほうが、圧倒的に都合が良いと思うし、もっと言うと自分で機動的に編集・更新ができないと意味ないじゃんと思い、WordPressの導入を積極的にオススメするわけです。
そしてその結果として、WordPress全般に詳しいわけではないけれど、普通の方々が安価かつ容易にWordPressを導入することをサポートすることにかけては、自分でも専門家の域に達していると言っていいかなという感じです。
世の中にはWordPressそのものを仕事にしている人もたくさんいますし、専門家というのはそういう人のことを言うんだと思います。
ただ世の中のどんなことでもそうであるように、極めていけばキリがありませんし、逆にまずまず使える程度でよければ、そこそこのレベルの知識で問題なくやっていけるということって多いですよね。
WordPressも同じで、そんなに超詳しくなる必要はないです。現にボクのWordPressの知識ノウハウも「そこそこ」です(笑)

WordPressの自由さは自己責任との引き換え

さて今回もWordPressについて書こうと思うんですが、「WordPressをおススメする」というスタンスではありません。
ボクはWordPressをいろいろ扱ってきて、簡単にいうとWordPressが大好きです。それはWordPressがとても自由だから。
ボクは元来、人様からあーだこーだ指図されるのがとてもイヤな人なんです(自分勝手な人とも言う笑)
そしてWordPressは簡単に言うと、基本的なスタンスとして何から何まで自分でしなくてはならないんですね。いわゆる自己責任というヤツです。
もちろん業者さんに丸投げしてセッティングしてもらって、自分は出来たヤツを使うだけというスタンスなら、そんな苦労はありませんよ。
でもボクの個人的な見解でいえば、業者さん丸投げするなんて、WordPressの楽しさ半減というか、台無しな感じがいたします。
いろんなことをそこそこ悩みつつではありますが、いろんなことを自由にできるのがWordPressの良さだと思います。
それに経験が知識が増えてくると、その自由が今度は自由自在に変化してきます。
楽しいですよ。
ただこれはブログのツールとしてWordPressを見た場合の話になります。
それ以上、例えば後述するホームページの設計とかになると、これはやはりプロの領域ですね。
まあ今ボクが研究を進めている「専門知識ゼロで自分でホームページを立ち上げる講座」のコンテンツが完成すれば、ちょっと話は変わってきますけどね。

オリジナルでWordPressベースのホームページを作る必要ってどのくらいあるのかなという疑問

ちょっと自画自賛な気がしますが、ボクはWordPress用に用意されてる「テーマ」といういわゆるテンプレートを遣わずに、ゼロからWordPressベースのホームページやブログサイトを設計することが出来ます。
もちろんこの世界にも上には上の方々がたくさんいはるので、どちらかというと「へたくそ」の部類なんですが、それはともかくゼロから設計することができるのは確か。
あ、せっかくなので過去にボクが設計させてもらったWordPressベースのホームページを紹介させてもらいますね。
毎回登場の(笑)モーターサイクルショップ・ニュートンさん
ニュートン
先日リニューアルオープンした保険クリニックくずは店さん
サムネイル
どちらもテンプレートとか一切使っていなくて、完全オーダーメイドのWordPressです。
そしてこのへんになってくると、普通の人のは全く手に負えなくなってくるはずです。
紹介させてもらった2社さんともボクに全面的に依頼してくださいました。
といっても、考え方や仕様を綿密に話あった上で制作して、そして出来上がってからも、しっかりと操作や運営のガイダンスをさせていただきました。
なので、いわゆる業者丸投げで仕組みも何も分からない、ということではありませんよ。
ただ最近ボクの中で心境の変化が起こっていまして、オリジナルでWordPressベースのホームページを作る必要ってどのくらいあるのかなと思ってるのは事実です。
こったサイトを作らなくても、既存のテンプレートを少しカスタマイズするだけのほうが、クライアントさんが自分で編集できる幅が広いんですよね。
このへんは過去2回連続で書いたブログ記事に詳しく書きましたので、よければどうぞ。
↓一昨日のブログです。
自分自身で編集・更新できないホームページなんて意味無い。内容の変更・更新の度に業者さんに依頼するなんてナンセンス。
↓昨日のブログです。
デザインは多少イケてなくても、中小零細企業さんや商店さんが自分でどんどん更新できる、極力ブラックボックスがないWordPressベースのホームページをボクは作りたい。

WordPressワードプレスには向き不向きがある

ボクはWordPressが大好きで、たくさんの人にWordPressを使ってほしいなと思っています。
自由だし、欲を出さなければ限りなくお金がかからないし、自分自身がメディアになるための最高のツールだと思うんですよ。
でもね、とても残念なことではあるけれど、やはりWordPressに向かない人もいるんです。
もうこれは良い悪いではなくて、相性みたいなものじゃないですかね?
じゃ、具体的に書いていきますね。

WordPressに向かない人

  • サーバーとか独自ドメインとかWordPressとか分かろうとするつもりが無い。
  • 分からないことがあった時に、まずはネットであれこれ調べてみようという気が無い。
  • お金を払ってるんだから業者がどうにかせんかい!と思う方。
  • 自分は分かろうとしないで、部下とかスタッフに運営を丸投げしたい人。
  • スマートフォンもSNSもそんなもんは知らん!という方。
  • 同じ属性の友人や同業者と同じじゃないと何かと不安になっちゃう人。
  • 今大丈夫なんだから、この先もきっと大丈夫じゃないの?知らんけど。という方。

くらいですかね?
まだまだ書けそうなんですが、人の顔が浮かんできそうなので(笑)このへんで自粛することといたします。
まあ、ボクの偏った私見と思ってお捨て置きください。
ということで、WordPressは万能ではない、そして向き不向きがあるよというお話でした。

コメント