紫電改のWordPressサイトをブログスタイルからビジネスサイトスタイルに変更したことで得たもの

WordPress/ワードプレス

WordPressをビジネスサイトスタイルに変更

こんにちは。WEBディレクターの金川です。
この一週間、いろいろなお仕事を遂行しつつもその合間合間で没頭してたことがありまして、嬉しいことに本日それが一旦完了の運びとなりました。
その没頭していたことというのは、ボクのWordPressサイトをこれまでのブログスタイルから、完全に?ビジネスサイトスタイルにチェンジすることだったんです。
これまでボクは「自分イコール会社あるいはお店」という規模のビジネスにおいては、カチッとしたホームページなんか要らないと豪語してきました。
と同時に、ボクらのようなスモールビジネスのオーナーは、情報やコンテンツが固定的ないわゆるホームページの重視することなく、ブログに注力して本業のことはもちろんのこと、自分が大切にすることや好きなこと、価値観や世界観などなどをしっかり発信することこそ重要ですよという考えの持ち主なんです。
今でも大筋考えに変わりは無いんですが、ある必要に迫られまして、WordPressサイトをビジネスサイトスタイルに変更することしました。

ビフォーアフター

▼数日前までのスタイルがこちら。

 
▼ビジネスサイトスタイルにチェンジした後がこちら。

 
まるで見た目が違うというか、完全に別物ですよね。
ただWordPressに接している方であれば分かられると思うんですが、テーマ(テンプレート)というジャケットのようなものを着せ替えただけで、中身は全部そのまんまです。
今回のリニューアルの一環として固定ページ部分とトップページのコンテンツを追加しましたが、他はそのまんま。
なので以前のテーマ(テンプレート)に戻せば、見た目も以前のものに簡単に戻すことができます。
このへんがWordPressをやっていて一番面白いことの一つでもありますね。

コンテンツの整理と説明にはブログスタイルでは限界がある

ではなぜブログスタイルからビジネスサイトスタイルに変えたんでしょうか?
最近のボクの仕事がWEBや印刷物の制作から、WordPressの導入サポートに比重が大きく移ってきたというのが大きな要因です。
まず「WordPressを一日で立ち上げるセミナー」を以前から主催させてもらってるんですね。
さらに近々「WordPressでビジネスサイトを立ち上げるセミナー」の開催を予定していまして、コンテンツのほうもようやく実用に耐えるものを用意することができるメドが立ちました。
そんな中で、これまでは自分のコンテンツの発信や説明を、良く言えば臨機応変あるいは現場対応でやってきたのが、そうは行かなくなってきたなというのを実感しているわけです。
そして、提供するコンテンツをちゃんと整理して、分かりやすくはっきりと解説するサイトが必要だなという結論にいたりました。
もちろん従来のブログスタイルでも固定ページ機能を使えば、コンテンツの整理と解説は可能なんですが、やはり少々見にくいし情報を見つけにくいという点は否定できません。
このような経緯があって、ビジネスサイトスタイルのテーマの使うことを決めたんです。

ビジネスサイトスタイル移行で得たもの

ビジネスサイトスタイルのテーマに移行したことで、結果としてたくさんの収穫がありました。
気づいたものを下に書いてみますね。

移行にあたりコンテンツの整理と再構成ができた。
コンテンツを全面に押し出すことで情報を見つけやすくなった。
WordPressによるビジネスサイト構築のノウハウが大幅に増えた。
WordPressビジネスサイト立上げセミナーのシミュレーションができた。
今回利用したテーマの非常に高いポテンシャルを体感することができた。
Google検索からの流入への対応能力が高まった。
既成テーマによるビジネスサイト構築の対する自信と確信が高まった。

ということで正直良いことずくめなわけです。
今回ビジネスサイトスタイルにチェンジして本当に良かったです。
次回は、ボクがビジネスサイトスタイルにするのに利用した無料テーマ「Lightning」について書こうと思っています。
本日は以上です。