「Googleハングアウト」や「Skype」の画面共有機能で遠方の人にも精度の高いアドバイスができる

WordPress/ワードプレス

「Googleハングアウト」や「Skype」の画面共有機能

こんにちは。WEBディレクターの金川です。
今日のブログは下のようなテーマについていろいろ考えてみたいと思います。

「Googleハングアウト」や「Skype」などのインターネットビデオ通話の「画面共有」機能を利用すれば、これまでは超えることのできなかった地理的距離を一気に超えることができそう!

多くの方にとって、きっと「何のこっちゃ?」な話だと思いますが、ボクにとっては超重要なコトなんです。
そして特にこの情報を届けたいのは、ボクが運営させてもらってる「WordPess講座」の修了生のみなさんに知ってもらいたいですね。

サポートの邪魔となる距離の壁

上にも書いたように、ボクはWordPressというプログラムと利用して、業者さんに頼ることなく、普通の方が自分の手で自前のホームページやブログを太一上げるガイドをさせていただいてるんです。
ただこれまでに大いに課題というか制約を感じることがあるんです。
それは講座を受けていただいた方が全国におられて距離的な問題で十分なフォローができないということです。
遠方の皆さんを例に上げると、沖縄、東京、長野、愛知、兵庫県の日本海側、などなどボクの住む大阪から相当な距離がありますね。
関西の方であれば、ボクが力になれることがあれば、大阪にきていただくこともできますし、他の仕事を兼ねて出向くことができますし、これまでもそうしてきました。
ただ沖縄を始めとした遠方になると、なかなかそうは行きません。
行くにも来てもらうにも、頻繁に行き来することはできませんよね。

Facebookメッセンジャーやラインの無料電話の限界

でも近距離、遠方を問わず、WordPressに取り組んでいると、分からないことやどうにも上手くいかないことが出てきます。
特にスタートアップ時にはなおさらです。
なのでそんな時にはこれまでは、Facebookメッセンジャーやラインの無料電話でやりとりしてきたんです。
あるいは講座修了生さんのPCの画面を確認するために、同じくメッセンジャーやLINEのビデオ通話機能を利用したりしてきました。
PCの画面にフォーカスしていただいて、それをボクが見てアドバイスするというスタイルです。
ただこれもアイデアは良いと思うんですが、やはり見えずらいし適切なアドバイスがしにくいというのも事実ですね。

画面共有機能を利用することで一気に精度が上がる

そんな感じで他に良い方法は無いものかとあれこれ調べていると、ボクの課題を決定的に解決できそうな情報に行き着くことができました。
それは「Googleハングアウト」や「Skype」の画面共有機能を利用するということです。
「Googleハングアウト」や「Skype」は、PCとインタネットを利用して、離れた者同士で、いわゆるテレビ電話・ビデオ電話することができるという仕組みです。
ただビデオ電話だけであれば、先に上げたFacebookメッセンジャーやLINEのビデオ通話機能と方法としては同じようなものなので、今となっては驚くようなことではありません。
ここで決定的なのは、例えて言えば、遠方の困ってるいる人のPCの画面を、遠くはなれた大阪でボクも見ることができるということです。
そうすることで、伝言ゲームのような歯がゆさや、思ってることが伝わらない苛立ちから解放される可能性が出てきました。

「Googleハングアウト」と「Skype」


googleハングアウト
 

skype
「Googleハングアウト」と「Skype」はともに、インターネットを通じて音声やビデオでリアルタイムで通話できる仕組みです。
極端にざっくり言うとどちらも同じようなサービスと言って良いと思います。
ビデオ通話、一対一だけじゃなくグループ通話もできちゃう。
相手のPCの表示をこちらでも見ることができる。
これらの機能を使いこなせば、ビデオ会議だってできちゃう。
ほんとスゴイ時代です。
この機能を遠くの方へのサポートにボクは使いたいんですね。

遠方の相手のPC画面をこちらのPCで見る

今回ボクが選んだのは「Googleハングアウト」です。
それは両方を試してみて、「Googleハングアウト」のほうが直感的に使えたからです。
ただこのへんは好みがあると思うので、どちらが良いとかはボクにはわかりません。
そしてもうひとつの利用は、Googleのアカウントがあれば即スタートできることです。
「Skype」はスタートするのにちょっと一手間かかり感じです。間違ってたらすみません。
▼使い勝手をテストしている図です。

手前の2台のノートPCはお互いに「Googleハングアウト」でつながっていて、左のMacBookの画面を共有設定して、右のWindowsPCでMacBookの画面を見ています。
▼共有先のMacBookの画面をWindowsPCで見ている図。

これだけちゃんと見ることができれば、的確なアドバイスができそうですね。

実用段階まであと少し

今回、「Googleハングアウト」の画面共有によって、大きな可能性を感じているボクです。
ただ、さほどPCに詳しくない方という前提で考える必要があると思っているので、そもそも「Googleハングアウト」の導入や使い方そのものを分かりやすく案内する必要性を強く感じます。
なので、もう少しテストと検証を行って、ちゃんと誰もが使えるようにしてから、本格的に使って行きたいですね。
沖縄、東京、長野、愛知、日本海。遠くはなれている方ともしっかりガイドできるようになるまであと少し。
もう少しだけ待っていてくださいね。
本日は以上です。