自分で編集更新ができるWEBサイトを低予算で立ち上げる最強の組み合わせがコレ!

WordPress/ワードプレス

WordPress導入のプロを自認するボクが驚いたこと

こんにちは。WEBディレクターの金川です。
昨日書いたブログ、

ボクがいよいよ「もうホームページ業者さん要らないよね?!」という思いを強めた出来事

の続きになります。

友人の沖啓太郎さんがオーナーをつとめるブティック「クレアトールオキ」のWEBサイトを制作するにあたって、WordPressを利用してWEBサイトのイレモノはボクがさせてもらって、WEBサイトの中身であるコンテンツは沖さんが自分でがんばるという方向性でスタートしたことを書かせてもらいました。

そしてその過程に置いて、WordPress導入のプロを自認するボクが驚いちゃたことがあったんですね。
今日はそのことについて書かせていただきますね。

Lightningが最強の選択

WEBサイトであろうとブログサイトであろうと、コツとポイントさえ押さえれば、さほど専門知識が無くとも自分の手で立ち上げることができるのがWordPressの秀逸な点ですよね。

そして用途目的に応じて、使い勝手を良くするのと見た目を良くするために使うのが、テンプレート(テーマと言います)です。

今現在ボクが知っている中でも最強だと考えているテンプレートが「Lightning」なんです。
「Lightning」を使うようになってから、WordPressでWEBサイトを制作する自由度が劇的にアップしたと言って良いと思います。

これまでの「なんとなくホームページっぽく見える」から「どう見てもホームページにしか見えない」という変化はボクにとって非常に衝撃的だったことを思い出します。

WEB業者さんに頼らずホームページを自分で作るなら「Lightning」が最強の選択

ただ今回クレアトールオキのWEBサイトを制作するにあたって、さらに調査と研究を進めたところ、「Lightning」のポテンシャルがさらに高いことを知ったのは驚くでしたね。

「Lightning」の機能を強化することができるプラグイン

結論から先に言うと、「Lightning」の能力をさらに高めるために、「Lightning」用に開発された機能強化プラグインを追加するんです。

これまで「Lightning」に対して「ここがこうなると更に使いやすいのになあ」と思っていたことが、機能強化プラグインを追加することで実現できてしまう。

もちろん全てがクリアできるわけでは無いし、それなりの妥協は必要です。
ゼロからカスタマイズするWordPressサイトと同じというわけにはいきません。

しかし「まずは情報発信して伝えることが大事」というスタンスの小規模な会社や店舗であれば、これで十分。
ちょっと極論かもしれないけれど、デザイン性の高いWEBサイトに高額な制作費を投じることはどうなのかなとボクは思います。

その意味で、

  • WordPress
  • Lightning
  • 機能強化プラグイン

の組み合わせは、WEBサイトを低予算で立ち上げるには、コストパフォーマンス最高だなあとボクは考えます。

機能強化プラグインの一部を紹介

Lightningの機能強化プラグインの一部を紹介しますね。

 

それぞれの詳しい機能については、Ligntningのサイトでごらんください。

デザインスキン | 拡張機能 | Lightning – シンプルでカスタマイズしやすいBootstrapベースのWordPress公式テーマ

要する費用に対して得られるメリットが完全に上回っている

改めて費用・コストについて考えてみますね。
基幹プログラムであるWordPressは無料で利用することができます。
テンプレートLightningも商業ベースであるにもかかわらず無料。
そして今回紹介している機能強化プラグインだけが有料です。
このプラグインの収益がLightning配布元の利益の源泉なんでしょう。
秀逸なLightningを無償で普及させて、それの機能を強化するプラグインで利益を得るというスタイルですね。
言いようによっては「商売上手」という言い方もできるとは思いますが、これらの機能強化プラグインにしても、それぞれ数千円しかしません。
そう考えると、どこまでも良心的だんなあとボクは思ってしまいます。
要する費用に対して得られるメリットが完全に上回っていますから。
トータルで考えて見て、スゴイなあとい思うとともに、利用させてもらってる身にとって非常にありがたいなと思わざるを得ません。

導入初期段階とデザインは外の力を活用するのが得策かも

こんな経緯があって、今ボクは心に期することがあるんです。
以前はゼロからカスタマイズしてWordPessでWEBサイトを制作してきたボクですが、今の率直な気持ちとしては、

  • WordPress
  • Lightning
  • 機能強化プラグイン

の組み合わせで以外でWEBサイトを作る気がしません(苦笑)
だってもうこれで必要十分だと思うからです。もちろんボク個人の意見ですけどね。
ただ導入のスタート局面においては、まったく未経験ではやはり大いに無理があるので、ボクのようなコーチに寄り添ってもらうことは必要だなとは思います。
そしてもう一点は、ロゴやボタン、ヘッダーやスライドなど、見た目のデザイン性を左右する画像の作り込みについてですね。
やはりそれなりのデザイン性を確保するためには、画像編集アプリケーションをそれなりのレベルで使いこなすスキル・ノウハウが必要だと思います。
そしてそれこそが一般の方にとって一番ハードルの高い点でもあります。
なので画像のデザインができるスタッフ、場合によっては外部スタッフが身近にいてくれると心強いですね。
そんなこんなをあれこれ考えさせられた最近の出来事でした。
それにしてもWEB制作をとりまく環境の変化が凄まじいなあと思わずにはおれません。
数年前から業者さんに頼むしか無かったことが、曲がりなりにも全部自分でできてしまうんですから。
良い時代です。
本日は以上です。